白く途切れた梦の切れ端を捕まえて
(为了抓住在昨日梦中断落的梦的碎片)
少年は走る
(少年在疾奔)
手を离したらどこまでも远く风の音に消えてゆく
(一放手就像那远离的风声一般消失)
一つだけの想いを飞ばして
(剩余的思念也随着风而消失)

まぶたの裏に描き始めた絵はかすんで
(即使用手抹去)
手の平でこすっても
(仍能见到映在眼中的处女作)
いつか见えた优しさはもうない
(已看不到平常惯见的温柔)
一人踏み出す足だけ见てる
(但只要能踏出一步就能感觉得到)
朝には消えたあの歌声をいつまでも闻いてた
(随时都能听到那消失在清晨的歌声)
野道の先で赤くなるほおずきせがんで
(孩子们吵嚷着要摘下荒径前头)
子供がはしゃいでる
(鲜红盛开的酸菜花)
いつか知った优しさの中にも
(如果在平常见到的温柔中)
同じ风景あるならいいね
(也有一样的场面就好了)
朝には消えたあの歌声をいつまでも闻いてた
(永永远远能听见那消失的歌声)
仆らが残したあの足迹をいつまでも追ってた
(我们留下的足迹也随处可见)
朝には消えたあの歌声をいつまでもいつまでも
(永永远远能听见那消失的歌声)
仆らが残したあの足迹をどこまでも追ってた
(我们留下的足迹也随处可见)
そう 终わりは别れとあるものだから 全て置いて行く
(是的 如果离别已经结束 那就请放下)
朝には日差しのなか
(在清晨的阳光中)
新しい歌口ずさんでる
(吟唱全新的歌曲)


评论

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER