「“わたし”は今 どこに在るの」と
我如今身在何处?
踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す
反复凝视着走过的足迹
枯葉を抱き 秋めく窓辺に
怀抱枯叶 于秋意渐浓的窗边
かじかんだ指先で 夢を描いた
用冻僵的指尖 描绘梦想

翼はあるのに 飛べずにいるんだ
明明拥有翅膀 却不展翅飞翔
ひとりになるのが 恐くて つらくて
独自一人 只剩害怕与辛酸
優しいひだまりに 肩寄せる日々を
越过那些和煦暖阳下肩并肩的时光
越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く
我们向着孤独的梦想走去
サヨナラは悲しい言葉じゃない
再见并不是悲伤的语言
それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
而是将向各自梦想奔去的我们紧系的呐喊
ともに過ごした日々を胸に抱いて
共同度过的日子我都记在心中
飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ
独自高飞吧 向着未来的天空
僕らはなぜ 答えを焦って
为何我们如此急切地想知道答案
宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう
在无边的黑暗中寻找自我呢
誰かをただ 想う涙も
一心想念某个人的眼泪
真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに
还有率真的笑容 明明都在眼前
“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で
“真正的自己”用谁的台词修饰
繕うことに 逃れて 迷って
逃避了 迷茫了
ありのままの弱さと 向き合う強さを
清楚了自己真实的软弱 和勇敢面对的坚强
つかみ 僕ら 初めて 明日へと 駆ける
我们才能向着明天奔去
サヨナラを誰かに告げるたびに
和谁说再见的时候
僕らまた変われる 強くなれるかな
我们又能再变坚强一点了吧
たとえ違う空へ飛び立とうとも
即使将飞向不同的天空
途絶えはしない想いよ 今も胸に
绵延不断的思念 如今已满溢胸口
永遠など無いと 気づいたときから
当我意识到没有所谓的永远的时候
笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も
那些相视而笑的日子 一起歌唱的日子
強く 深く 胸に 刻まれていく
已深深印在我的心头
だからこそあなたは だからこそ僕らは
正因为如此 你 还有我们
他の誰でもない 誰にも負けない
都不是其他人 也不输给任何人
声を 挙げて “わたし”を 生きていくよと
喊出声吧 活出自我
約束したんだ ひとり ひとり
所以我们约定好了
ひとつ ひとつ 道を 選んだ
各自选择各自的道路
サヨナラは悲しい言葉じゃない
再见并不是悲伤的语言
それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
而是将向各自梦想奔去的我们紧系的呐喊
いつかまらめぐり逢うそのときまで
直到重逢的那一刻 绝不会忘记
忘れはしない誇りよ 友よ 空へ
我的骄傲和朋友 向着天空
僕らが分かち合う言葉がある
我们拥有共同的语言
こころからこころへ 声を繋ぐ YELL
是将心声紧系的呐喊
ともに過ごした日々を胸に抱いて
共同度过的日子我都记在心中
飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ
独自高飞吧 向着未来的天空


评论

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER