灯りを消しても眠れはしないから
都合の良すぎる筋書きを浮かべる
一つ二つと傷を思い出したら
まるで羊を数えているようで
眠りに落ちた

愛しても 騙されて 許しても
一から繰り返すなら
どんなに甘くても
その果実は食べられないの
来年の今頃は少しだけ

強くなれているようにと
願いを込めつつ
夢の中 夢の中 手を伸ばした

独りでいるのが好きなわけじゃないけど
独りの夜がきっと今は必要なの
一人二人と嫌いな人を思い出す
いつかは彼ら全てをどうか
許せますように
信じては 騙されて 憎んでも
夜は長くなるばかりで
そんなのは辛いから
私が先に変わらないと
10年後 100年後
僅かでも誰かの独りの夜が
短くなったら
少しだけ 少しだけ
私のおかげかも

最初から気づいていたよ
私はただその果実を食べてはいけない羊なの

「明日から 明日から」
って私はいつまで言い続けているの?
都合の良すぎる筋書きを望むなら
大好きな人達に裏切られ
その度傷を抱えて生きていく
そんなのはもう今日限りで終わりよ
愛しても 騙されて 許しても
一から繰り返すなら
どんなに甘くても
その果実は食べられないの
来年の今頃は少しだけ
強くなれているようにと
願いを込めつつ
明日からは 太陽に 手を伸ばすから


评论

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER