こんな幼稚な嘘で 終わった
二人で作ったすべてが
カラカラに乾いてく
見抜かれてないと思ってる
その程度しか通じ合えてなかった
目を見て
仕草で
身なりで
とうに気づいてたのよ

“君の未来のために
君の笑顔のために
僕は今すぐ君の

前から消える”なんて
はっきり言えばいいのに
透き通るその胸
私のため
なんかじゃない

最後のキスと言って
涙まで流して
まるで自分が一番
不幸な顔してる
明日から気兼ねせず
あの子に会うために
そこまでするあなたに
微笑んであげたの


虚しさだけが ここに残って
ステキな思い出にさえ
させてくれなかったね
残されたカップを見つめた
ずっとずっとずっと 見つめていた
軽やかな足音が
聞こえなくなるまで

“君の未来のために
君の笑顔のために
僕は今すぐ君の
前から消える”なんて
見え透いた嘘ついて
嫌いにさせたって
思いたいよ
思わせてよ

あなたしか見えなくて
夢中で恋をした私
かわいそうで可愛くて
涙が止まらない
幸せそうなあなたは
まだ見れそうにない
もう強くは
なれない…
誰か抱きしめてて


いつかくれた指輪は
サイズが合わなかった
ブカブカで重たくて…
でもそれでよかった
不器用に騒がしい
薬指を いつも
いじることが
好きだったの

みっともなくなるほど
あなたを愛した私を
いつか許せる時が
来ればいいと思う
何かを探すように
時どきしゃべり出す
薬指が 誰かを
忘れてくれなくても…


评论

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER