手(て)をつないで歩(ある)くこと
只想牵著手和你一起走
ただそれだけも出来(でき)なくて
可是就连这小小的心愿都已无法实现
戻(もど)れない时(どき)は过(す)ぎて
时间一分一秒流逝
そのまま终(お)わる気(き)がしてた
终结一步一步迎面而来
二人(ふたり)歩(ある)く帰(かえ)り道(みち)
好想和你一起 沿著那回家的小路

终(お)わらず続(つづ)いてほしくて
永远地走下去
道(みち)の傍(はた)に咲(さ)くような
一朵湛蓝的花儿
青(あお)い花(はな)一(ひと)つ
绽放在那路的一边
消失点(しょうしつてん)の境目(さかいめ)に
而你的身姿从那道路的
贵方(あなた)の姿(すがた)が映(うつ)る
消失点上映入我的眼帘
私(わたし)の暗(くら)い部屋(へや)の窓辺(まどべ)
温暖的光线透过窗台
暖(あたた)かな光射(ひかりさ)した
射进我那幽暗的房间
忘(わす)れた时(どき)の彼方(かなた)に
就算所有的一切
すべてが置(お)きさられても
都被搁置在时光的另一边
ずっと大好(だいす)きだから忘(わす)れないよ
我对你的恋心却永远也不会改变
今(いま)はたださようならだけ
现在离别只是一时的再见
今(いま)ここで生(い)きてること
是你让我明白
あなたが教(おし)えてくれたね
自己正真切地活在这个世界上
たとえどんな过酷(かこく)でも
让我明白不管前途如何艰难
ふたりでいれば笑(わら)えると
只要两人一起便能笑颜以对
いつかこの世(よ)が终(お)わって
就算有一天这世界走向终结
ふたり别(わか)れてしまっても
两人被迫分别
いつかきっとまた会(あ)える
我们也一定还有再度相遇的一天
あなたはそう言(い)った
你曾是这样对我说
终(お)わりが来(く)る星(ほし)の中(なか)で
在这濒临毁灭的星球里
青(あお)い光探(ひかりさが)してる
探寻着苍青色的光芒
私(わたし)の心(こころ)に重(かさ)なって
我的心中一次又一次回响起
あなたの鼓动(こどう)闻(き)こえた
你那熟悉的心跳声
静(しず)かな夜(よる)の波头(はとう)に
就算平素的早晨
いつもの朝(あさ)が消(き)えても
被那夜幕的涟漪所吞噬
ここでいつまでだって名前(なまえ)呼(よ)ぶよ
我仍会一直一直守在这里呼唤你的名字
胸(むね)にひとつある绊(きずも)
因为在我心中始终留着两人的羁绊
手(て)のひらに落(お)ちる雫(しずく)
滑落于掌心的水珠
きっと指(ゆび)から流(なが)れる
势必缘指流逝
そんな悲(かな)しみだって変(か)えてゆける
可即便是这样的感伤
あなたを想(おも)うと
你都能够从中寻出几缕希望
ここに残(のこ)る歌(うた)の中(なか)
每每思念起你仿佛都能够
记忆(きおく)伝(つた)わる気(き)がした
透过这残存的诗看见过去
私(わたし)がずっと伝(つた)え続(つづ)けるのは
千言万语
ただひとつの想(おも)い乗(の)せ
想要编织传达的仅仅是一句
「爱(あい)してる」それだけです
「我爱着你」 仅此而已


评论

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER