この手紙読む頃
君はどこにいるのかな
いつも不機嫌な顔
その訳が分かった今
あえて口にするのが照れるから
君に綴るこの詩を

笑って笑って 無理に せがんだ
不自然なつくり笑顔が可愛いから

君のために綴った詩
幸 せは気づけないもの
例えばそんな感じ
空見上げて
呟きかけて
唇かんで
はにかむ君
その仕草が好き

いつも前を歩くから
わざと追い越してみたんだ

教えて教えて 何度もせがんだ
更多更詳盡歌詞 在 
遠くを眺めて聞こえてないのかな

君のために綴った詩
雨にも負けず風にも
例えばそんな感じ
僕の為にいつも君が
手を引いて導いてくれた
その背中が好き

歩く 君に近づきたくて 歩く
その歩幅は縮まらないまま
突き放す事もなく また歩く

不安 躊躇い 憂いさえも
全てひっくるめ今の自分と知る
それに気づけたから

君のために綴った詩
雨にも負けず風にも
例えばそんな感じ
何度も言葉に出来ない想い
君が遠くへ行かない様に

僕は強くなるのだ

评论

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER