そっと開いたドアの向こうに
悄悄开放大门的对岸
壊れそうな世界はある
是一片即将崩塌的世界
朝が来るのか
分不清朝晨
夜になるのか
昏暗
迷いながらひかりは綻びて
仅仅是在迷茫的路途中寻找光芒的绽放

声が呼ぶまではもう少し遊ぼう
直到提醒的完结的钟声敲响为止 再和我一起在这迷途的世界之中一起游玩吧
花のように廻る時を繰り返し
就像四季轮逆转的芬华一样 不停的将这份无虑时光重复下去

夢はこの部屋の中で
这篇梦幻就在这小小的屋子之中
優しい歌をずっと君に歌っていた
不停地为你温柔吟唱这段人声
何がほんとのことなの
到底什么才是真实
一番強く信じられる世界を追いかけて
我只是朝着我最期望的那片世界奔跑战斗
君の銀の庭へ
向着 有你银色双翼落下的庭院追去

道に迷ったあの子が今日も
迷失了方向的那位少女
一番早く帰り着いた
今天也是最早归回原位
正しさよりも明るい場所を
与其思考正确与否
見つけながら走ればいいんだね
朝着鲜明亮丽的场所奔跑不就好了吗

幼い眠りを守りたい番人
想要静静保护你不要觉醒的守护者
大人になる門は固く閉ざされて
将通往绝望之路的大门紧紧的封闭起来

君は気付いていたかな?
你察觉到了吗
ほんとのことなんて
残酷的事实
いつも過去にしか無い
只存在于过去
未来や希望は全て
这份未来与希望
誰かが描く遠い庭の
只是谁描绘的
我が侭な物語
遥远庭院一方的任性幻想
まだ誰も知らない
谁也都还不知道

ひたむきな小鳥の声で歌う子供は
只想同小鸟歌唱却啼出心血的那名少女
何を隠し何を壊し
想要隐藏一切 想要毁坏一切
燃える時計
燃尽的沙漏
秘密めく花の香り
我们窃窃私语的花海
「ここにいるよ」
就存在于这里

静かに寄り添って
静静的靠近你的身躯
何処にも行かないで
无论哪里能不能都不要去
窓辺で囀って
就在这窗边让黑鸟与你絮絮叨叨
何を失くしたって
因为我感受得到 我将要失去什么

夢はその腕の中に
爱就在这不属于我的身体之中
優しい人の嘘も嘆きも
无论是谎言还是叹息
閉じ込めていた
我都想将你关进其中
何か足りない心で
但不知道为何而感到绝望 因为你将会光辉
光を纏い飛んで行こう
消失得让我再也看不见
少女のかたちをして
保持着一贯少我所爱少女的姿态
終わらない始まりへ
向着那不会结束的开始
ほんとうの終わりへ
以及 那真正的完结

静かに寄り添って
静静的贴近察觉真相的你
何処にも行かないで
就请这样一直留在我的身边
窓辺で囀って
在这窗边遥望星空私语欢笑
何処にも行かないで
请你不要离开我的身边


评论
热度(2)

© 黒と銀の小部屋 | Powered by LOFTER